グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



イメージ画像

ホーム  > 診療科紹介  > 放射線科

放射線科

最新機器を導入し、安心・安全な医療を提供しています。

 放射線科では患者様の立場に立った医療を実践するなか、患者様本位の検査を優先し、病院の基本方針に基づいた最善の医療を「安心かつ安全」にスタッフ一同提供しています。また質の高い医療を提供する為人材を育成し、チーム医療によるモラルと患者満足度の向上を進めています。


診療機器紹介

MRI (核磁気共鳴画像法:Magnetic Resonance Imaging)

 MRIとは、強力な磁石で出来た装置の筒の中に入り、磁力と電波の力を利用して、体内の断面像をあらゆる方向から思いのままに、全身を診ることの出来る装置です。
 わずかな病変も見逃さない鮮明な画像は腫瘍などの早期発見や脳ドックに威力を発揮します。放射線を使用しないため被爆の心配がなく、頭部・頸部の血管のスクリーニング撮影は、造影剤を与えずに検査が行えます。
 また、フィルムや薬品を使用しないことから、環境にも優しい機器となっています。

X線ⅭT撮影

 CT検査はドーナツ形の装置の中央に体を置いて、周囲からX線を照射し、体の組織によるX線吸収の違いをコンピュータで解析して様々な画像を作り出す検査です。
 当院では東芝製16列MDCT(多列検出器CT)を設置しており、各診療科の要望に応えるためあらゆる検査に対応しています。安心で安全な検査をモットーに患者サービスに努めています。

単純撮影

 単純X線撮影検査は、胸部撮影等に見られるようにX線を照射し、体内を透過するとき体の組織によるX線吸収の違いを(吸収差)を映像化したものです。
 当院では全てディジタル化され、CR(ComputedRadiography)による胸部、腹部、整形分野等様々な検査部位の要望に応じた画像を提供しています。
 また小児の撮影に関しては被ばくの低減を考え、各撮影部位に応じた最小限のX線量とし、小児の負担軽減に努め撮影を進めています。

透視撮影

 X線TVを用いた透視撮影検査には、バリウムを用いた消化管造影(食道・胃・大腸他)や子宮卵管撮影(ヒステログラフィ)、脊髄造影(ミエログラフィ)、などが行われます。
 当院ではディジタル方式の装置でX線透視画像を遠隔でモニターを見ながら操作確認をして検査を進めています。

乳腺撮影(マンモグラフィ)

 乳がんは、体の表面に近い場所にできるため、自分で発見出来る場合もありますが、検診では視診、問診、触診、マンモグラフィが実施されており早期のがんを見つけることができます。マンモグラフィは乳房専用のX線装置の画像のことです。
 当院では女性技師が乳房を圧迫しながら、乳房内の微小石灰化・腫瘤・乳腺組織構造等を撮影し乳腺専門医が読影、診断を行っています。

乳腺超音波検査

 乳がん検査の一つに超音波による検査があります。超音波を照射し、反射波を検出して組織の性状を映像化し腫瘤などを見つけます。この検査も女性技師が行い乳腺専門医が読影、診断を行っています。

骨塩定量(骨密度)検査

 骨密度検査は、骨に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分の量を測定し、骨粗鬆症や骨密度の変化を確認して、必要な薬の効果判定に用いられます。X線量は少なく、着替えずに短時間で検査が終了します。