グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



イメージ画像

ホーム  > 診療科紹介  > 臨床検査科

臨床検査科

正確・迅速な報告を心がけています。

 臨床検査科では、医師が適切な診断・治療が行えるよう、正確で迅速な検査結果報告が出来るように心がけております。
当科の検査業務は大きく分けると、検体検査(生化学・免疫血清・血液・尿・便)、輸血検査、生理検査業務からなります。


検査業務内容

検体検査部門

生化学検査血液中に含まれるさまざまな成分を測定することにより、からだに異常がないか、どの部分の疾患なのか、炎症があるのか、栄養状態はどうかなどを調べる検査です。
血液検査赤血球・白血球・血小板数の測定や、細胞の異常などを調べることにより、血液疾患の病態解析、診断、治療効果判定、経過観察、予後推定にかかせない検査です。
免疫関連検査免疫学的な反応を用いて病原体の有無などを検査します。また、血液中のホルモンなど微量な物質の測定も行っています。
尿検査尿中には、からだの中で起こったさまざまな経過を反映するいろいろな成分(タンパク質、ブドウ糖、血液、上皮細胞など)が含まれています。その量や性質を調べることにより臓器の働き具合や病気の発生を知ることができます。さらに顕微鏡を使って調べることで、腎臓から膀胱の状態を知ることができます。
輸血検査血液型・輸血検査の主な目的は、輸血が必要な患者様が血液型などによる副作用が起こらないよう、適合する血液を選択することにあります。これらの検査等で、より安心で、より安全な輸血医療の提供を目指しています。

生理検査部門

心電図検査きわめて小さな心臓の電気的興奮を波形として記録します。この波形から拍動リズムの異常(不整脈)や心臓の機能的な異常などを知ることができます。
※心電図検査は電流を流しておりませんので痛みはありません。

・ホルター心電図
 携帯型の心電図記録計を装着し、24時間の心電図を連続的に記録するものです。
 自覚症状にかかわらず記録できるので、通常の心電図では見つからない不整脈などを発見できます。
 ※普段通りの生活をして頂きますが、入浴は出来ません。また、結果の解析には1週間程度かかります。
呼吸機能検査肺の機能や状態を調べる検査で、肺機能障害の早期発見や病気の診断にも役立ちます。
また、手術において麻酔が安全に行える状態にあるかチェックすることにも役立ちます。
ABI検査両腕と両足首の血圧を測定し、血管のつまりと硬さを調べる検査です。
超音波検査・心臓超音波
 心臓や心臓の弁の構造、動き、血液の流れを観察します。
・腹部超音波
 臓器の大きさ、構造などを観察し、疾患の存在を調べます。
・体表(甲状腺、血管)
 臓器の大きさ、構造などを観察し、疾患の存在を調べます。